普段から食事や運動、また自然食品等
無理をせず続けられる方法で
ママの糖尿を改善していきましょう

当店の菊芋のしずくは、多くの妊婦さんはじめ、2人目、3人目を望まれるママ、糖尿病を持ち妊娠を希望するベビ待ちママさん方に多くご利用いただいています。

妊娠糖尿病は怖い病気です

妊娠糖尿病とは、妊娠をきっかけとして糖尿病の症状(血糖値が高くなる)が発症することをいいます。妊娠中に糖尿病の症状を発症するのが「妊娠糖尿病」で、もともとの糖尿病患者が妊娠することを「糖尿病合併妊娠」といいます。
この病気にかかると妊娠中毒症や尿路感染症、巨大児、羊水過多症などの各症状を引き起こす原因になります。

普通の場合は、妊娠糖尿病は妊娠中にのみ発症する一時的な病気ではありません、血糖値が高い状態が続くと本物の糖尿病のように発展するおそれも出てくるのです。現在でも、妊婦のうち10人中4人の人がこの妊娠糖尿病にかかっていると言われています。

妊娠糖尿病にかかってしまうと胎児にも悪い影響が出てくることがあります。高血糖の状態になりやすいことで、糖分がたまり巨大児になったりするのです。又脳にも影響がでてきます。

通常の糖尿病との違いについて

一般の糖尿病とは、身体のなかのインスリンというホルモンがうまく働かなくなって血糖値が高くなってしまう病気です。高血糖による状態が長く続いてしまうと動脈硬化や脳卒中や自律神経等様々な合併症を引き起こす原因になってしまうのです。
妊娠糖尿病の場合は普通の糖尿病と比べて血糖値も低く、高血圧などひどい症状を伴うことはありません。妊娠糖尿病は多くの場合、甘いものなど糖分の取りすぎなどの高カロリーの食事をしていることで起こったりしますが、生活習慣病の糖尿病の方はストレスなど日常の生活の悪さから発症するので、肥満の傾向ではない人でもかかることがありますので注意が必要です。

普通の糖尿病ほどひどくはならない、そして一時的な症状ともいえる妊娠糖尿病ですが、放置しておくと本物の糖尿病へと発展する場合があります。ですので、この病気と診断されたら食事療法、運動療法、健康食品などで治していくことが大事です。

妊娠中の中期には、胎盤の中で血糖値を上昇させるホルモンが作られるのでインスリンが効きにくい状態になり、血糖値が上がりやすくなります。

また、妊娠中の後期にはインスリンの量が身体にたくさん必要になりますが、このときにそれに見合ったインスリンが作られない場合には高血糖になってしまい、このことが原因となるケースが実は妊娠糖尿病の原因の大半を占めているのです。
ここで身体に特に問題のない妊婦さんであれば、このインスリンが不足する時期にすい臓からインスリンを分泌することで血糖値が上がることを防げるわけですが、これがうまくできない人の場合はインスリンが補給できずに血糖値が上昇することになってしまいます。この場合は病院の薬ではなく健康食品などで血糖コントロールが大切です。

インスリンがうまく分泌できない原因はいくつか考えられますが、やはりもともと先天的な体質の問題である場合が多いです。家族、親戚などに糖尿病になっている人がいれば、遺伝的に妊娠糖尿病にもなりやすい体である可能性はあります。

妊娠糖尿病の症状について

妊娠糖尿病が引き起こす主な症状は高血糖が続くことによる弊害です。妊娠への問題として妊娠中毒症になりやすく、流産や早産の可能性が出てきます。
また、胎児に母体から糖分が移行するために胎児の方も高血糖になりやすく、巨大児が生まれることになります。この場合は通常の出産が困難なので帝王切開が必要になることもあります 又生まれてくる子供さんも糖尿病の危険性があります。

そして母体にもその後も悪影響が出たりします。眼の部分や腎臓の部分に合併症が併発してしまったり、妊娠糖尿病の症状が妊娠後も治らないときに放置しておくことで本物の糖尿病へと発展してしまうケースもあります。

以上の様に妊娠糖尿病を大変危険な病気です。
普段から食事や運動また自然食品等で、気を抜かずに改善していきましょう。

菊芋カフェの3つのこだわり

  • 安心菊芋のしずくには、合成着色料や保存料は
    使用しておりません。
  • 安全菊芋のしずくに使用している菊芋は、農薬・除草剤合成肥料を使用せず育てた安全な食品です。
  • 品質菊芋は、1年あまりで土地の養分を吸収してしまう程、生命力の強い植物です。品質を安定させるため、同じ土地では通常3年に1回しか収穫しません。